おすすめかに通販ランキング

紅ズワイが加工食品にされる訳

ズワイガニで有名な品種といえばオピリオ種とバルダイ種。
ブランド物のズワイガニで、まさしくズワイガニを代表する品種と言えるでしょう。
ズワイガニの『オピリオ種』と『バルダイ種』の違い

しかし当然、タラバガニはその2つの品種だけじゃない訳で。
他にも食卓に並ぶズワイガニはあるんです。

それが『紅ズワイガニ』!

普通かにって茹でてから体が赤くなっていくものですが、紅ズワイは普段から赤いんです。
だから名前が紅ズワイガニ。そのまんまですね。笑

しかしこの紅ズワイ、たいていは加工食品となってから市場に出回っています。
同じズワイガニなのに、オピリオ種やバルダイ種と比べて何が違うのだろうか・・・。

身が水っぽい

紅ズワイの特徴として一番に挙げられるのが、身が水っぽくてしゃびしゃびしていること。
そのため、食感や味が他のズワイガニと比べて劣っているんです。

もちろんズワイガニの甘みが無い訳ではありませんが、やっぱりプリップリの身の方が美味しいですよね〜。
食べた時の甘みの感じ方や風味の広がり方もかなり違ってきます。

活きカニのままの配送が困難

紅ズワイはその性質上、生きたまま配送することが難しいそうです。
だからどうしても、一度茹でてから冷凍物として配送する他ない。

遠方から取り寄せるならまだしも、日本海広域で獲れるズワイガニなら冷凍物でなく活きカニを食べたいと思う人も多いでしょう。
そのため全て冷凍物の紅ズワイはあまり人気が無いのだそうです。
かにおやじとしても、紅ズワイを食べるならオピリオ種やバルダイ種を食べたいしね・・・。

カニ缶などの加工食品に

以上のような理由により紅ズワイは加工食品として主に使われるようになりました。
一番身近なのはカニ缶でしょうね。
手軽に色々な料理に使えて便利。

他にも飲食店などで使われる業務用のかにも、ほとんど紅ズワイです。
ピザに乗ってるかにとか、かにグラタンとかね。
あれらもほぼ全部紅ズワイ。

一応紅ズワイもズワイガニですから、『国産ズワイガニ使用!』なんて書いたら目を引くでしょうね。
でも食べてみたら、確かにカニだけど思ってたのと違う・・・ということもしばしば。笑
やっぱり新鮮なかにを通販で買って自宅で食べた方が何倍も美味しいです。