おすすめかに通販ランキング

冷凍かにの基本的な解凍方法

通販で買えるかにのほとんどは冷凍かにです。
だからかにを食べるには、まずは解凍という段階から調理する訳です。

「たかが解凍でしょ?」って思うかもしれませんが・・・

かにの解凍はものすごく大切なんですよ!

解凍の段階で失敗してしまうと急激にかにの味と風味が落ちてしまい、せっかくの高級がにも台無しになってしまうこともあります・・・。

かには決して安いものではないから、楽しみにしていたのに食べてみたらそんなに美味しくないとか・・・ガッカリですよね。
そんな失敗をしないためにも、かにの正しい解凍方法を知っておきましょう!

殻剥き済のかになのか、丸々一尾のかに姿なのか

かにの解凍方法は基本的に2種類です。
「かにポーション」とか「かに剥き脚セット」などの、既に殻を剥いてある商品なのか。
それとも「〇〇かに姿」などの、カニミソ付きの殻付き商品なのか。
この違いで解凍方法が大きく変わります。

殻剥き済のかに商品は、調理直前に流水解凍して、解凍出来次第すぐに調理してしまうのが鉄則。
できれば8割解凍ぐらいで調理してしまうのが一番です。
詳しくは↓の記事で。

かに姿の商品は、冷蔵庫でじっくり自然解凍をするのが鉄則。
解凍に18時間〜24時間程度かかるので、前日から冷蔵庫にいれておく必要があります。
詳しくは↓の記事で。

どっちも解凍にそれほど手間はかからないけど、かに姿は解凍するだけでかなり時間がかかってしまうので注意です。
一方殻剥き済のかには20分〜30分程度で解凍できるから、すぐにかにを食べたい場合はこっちを買うと良いでしょう。

生のかに姿なのか、ボイル済みのかに姿なのか

かに姿を買う場合は、ボイル前に冷凍した「生かに」なのか、ボイルしてから冷凍した「茹でかに」なのかをしっかり把握してから購入するようにしましょう。

基本的には「浜茹でかに」とか「船凍かに」などの、ボイル済かにが人気で多く売られていますが、生のかに姿もたまーに売られています。
ここの違いでも解凍時に注意すべき事が変わってくるので、把握しておきましょう。

まず「生かに姿」について。これは解凍から調理まで、全てに手間ががかかります。
かにおやじは面倒なのが嫌いなので、生のかに姿はほとんど買った事がないですねぇ。
いつも「浜茹でかに」ばかり買ってます。

何が面倒なのかと言うと、まず生のかにだから冷蔵庫で解凍してると冷蔵庫にかにの臭いが移ってしまう・・・。
他の生鮮食品とかにも臭いが移ってしまうことがあるし、後始末もめんどくさい。

解凍が終わってからも、今度はかにが入るぐらいの大きな鍋で茹でなきゃいけない。
そしてその後殻を剥かなきゃいけない・・・
ほら。めんどくさいでしょ?笑
「生かに姿」の詳しい解凍方法は↓の記事で。

それ以外にも、生だから解凍し過ぎによる黒変とかにも注意しなきゃいけないし、けっこう神経も使います。
黒変については↓の記事で詳しく説明しています。

一方「浜茹でかに」は、とーっても楽ちん♪
基本的に冷蔵庫で解凍してしまえば、既にボイル済だからそのまま食べられる。

もちろん味は「生かに姿」と遜色ありません。
むしろ「浜茹でかに」はかにの職人たちが丁度良い塩梅でかにを調理しているから、自分でやるよりも美味しくできている場合がほとんど。
冷凍技術もかなり向上しているから味の劣化もそれ程ないし、こういった理由からかにおやじは「浜茹でかに」をオススメしている訳です。
「浜茹でかに」の詳しい解凍方法は↓の記事で。